MENUMENU

一般社団法人外国人食品産業技能評価機構

受検(専門級)の申込方法

受検の申込方法(専門級)

「技能実習2号」へ移行した外国人技能実習生は、「技能実習1号」で修得した技能をさらに向上させるため、「技能実習計画」の中に、3年の終了までに「惣菜製造業技能評価試験(専門級)」レベルの技能修得を到達目標として定めています。

「技能実習計画」に基づいて技能実習生のみなさんの技能修得が着実に進み、到達目標が達成されたことを確認するため、外国人食品産業技能評価機構が実施している「専門級試験」を受検しましょう。

試験実施機関 一般社団法人外国人食品産業技能評価機構
対象職種 作業(1職種1作業)
【そう菜製造業 】・・・「そう菜加工作業」
技能実習生の受検資格 専門級:実務経験25ヶ月以上の者
※受検時期は実務経験30ヶ月頃を目安とします。
試験の方法と基準 【試験科目】学科試験と実技試験
【使用言語】すべて日本語
【試験場】 公正な試験を実施できる公共施設など適正な試験会場。
外国人食品産業技能評価機構(以下:当機構)が指定する場所もしくは研修生の居住地、研修場所等を勘案して決定。
受検料 受検料は1人当たり学科試験11,000円、実技試験16,500円、学科試験+実技試験27,500円(税込)となります。
なお、受検料のほかに交通費の実費等を徴収する場合があります。
※お振込み済の受検料はご返金できませんのでご注意ください。
受検の申込方法 (1)受検申請連絡票の提出
監理団体は技能実習2号終了の12ヶ月前までに、外国人技能実習機構の受検手続支援サイトへ登録します。
※外国人技能実習機構承認後のデータに記載された「受検希望日」初日4ヶ月前を当機構の受付締め切りとし、受付期日を過ぎた場合は受検日が希望より遅れる場合があります。
(2)「受検申請連絡票受付案内」の送付
外国人技能実習機構の承認を得て、これを受けて当機構は監理団体へ「受検申請連絡票受付通知」をメールにて送付します。
(3) 受検申請書(専門級)の提出
下記のファイルより受検申請書をダウンロードし、受検者の自署と写真の添付、実習実施機関・監理団体の社判押印の上、当機構へご提出ください。
※受検申請書は個人情報が含まれるため、ゆうパケットやレターパックでのご提出をおすすめします。
>>外国人専門級試験の申請書(EXCEL)<<   >>記入例(PDF)<<
(4)「請求書」の送付
受検希望日が近づいてきたら「受検料請求書」を監理団体にメールにて送付します。監理団体は当機構の定めた銀行口座に、支払期限までにお振込みください。
※必ず監理団体名でお振込みください。
※送付目安は、受検希望日の約3ヶ月前
※お振込み済の受検料はご返金できませんのでご注意下さい。

ご注意

技能評価試験の受検申込みは、受検申請書の提出と受検料の支払いを確認のうえで受理します。監理団体の皆様には、時間的な余裕を持って受検料の振込などの事務処理をお願いします。受検料の振込を確認できない場合は、受検票を発送できません。
(5)「試験関連書類」の送付
受検料の入金を確認後、実技試験(製作等作業試験)問題と準備品リスト、その他試験の例題を監理団体にメールにて送付します。
(6)「受検票」の送付
受検料の入金を確認後、受検票(試験日程含む)を試験実施日の約1ヶ月前までに監理団体へメールにて送付します。
※受検者の顔写真貼付が必要です。

合格者等の決定 監理団体に対しては試験結果通知書、合格者に対しては「惣菜製造業技能評価試験合格証書」または「合格通知書」を交付します。
不合格者の再試験 不合格者は、学科、実技とも1回に限り不合格となった試験を再受検できます。再受検の受検料は不合格となった科目分が必要となります。
受検上の注意 ・筆記用具(鉛筆またはシャープペン、消しゴム)の準備ならびに作業のできる服装持参でお越しください。試験当日に準備していただくものについては申し込み後にご案内いたします。
・遅刻者は原則、試験開始後15分以内に限り受検を認めます。
・試験中、不正行為があった場合には「0点」とします。